ファイアーエムブレム風花雪月 感想

ファイアーエムブレムとの出会い

ファイアーエムブレムを初めてプレイしたのは15年ほど前になる。当時最新作だったゲームキューブの「ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡」をプレイした。僕は没頭していた。ノーマルだったかハードだったかもう覚えていないが、序章から終章までクリアするのにとても時間がかかった記憶がある。

より増したファイアーエムブレムの魅力

子供のときから大人になるにつれて、単にゲームひとつやるにも面白いと思うところは変わっていく。僕自身、昔は戦闘の面白さに惹かれていたわけで、ハードやマニアックといった難易度に挑戦して、仲間をなるべく死なせないように頑張るのが楽しかった。しかし、今難しいゲームに挑戦する心の余裕なんて正直ない。

感想

久しぶりにゲームをクリアできた、というくらいには面白かった。僕にとっては、ファイアーエムブレムの大きな魅力である、「キャラ同士の支援会話などから観察される関係性」と「適度な難易度の戦略シュミレーションゲーム」というのが両立していたように思う。どちらかが重視されすぎても、ファイアーエムブレムとしての魅力は薄まってしまう。

まとめ

そもそも2周目を頑張ろうなんて思えたゲームめちゃくちゃひさしぶりである。頑張ろう。またとても時間がかかるかもしれないけれど。

--

--

自分語り専用ブログをやっていく。

Love podcasts or audiobooks? Learn on the go with our new app.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store
515hikaru

515hikaru

自分語り専用ブログをやっていく。